エムラクリームと手のひら揉みとL遺伝子とSの関係

エムラクリームといって、主に医療脱毛の場面で使われることが多い局所麻酔の成分を持つ製品ですが、このエムラクリームに早漏改善の効果があります。以前からあった男性器に付けることで、早漏防止となる目的と同じ効果を持っています。早漏は刺激が強すぎて、それに耐えられなくなってしまい射精する症状です。よって男性器に与える刺激から避けることで、射精への過程を遅らせることができます。エムラクリームにはその効果があります。

エムラクリームを用いるのも早漏改善方法になりますが、早漏克服になるわけではありません。一過性の克服法になり、完全に早漏を克服するにはトレーニングも必要になります。そのトレーニングに対して大きな意味を持つマッサージがあり、それが手のひらマッサージです。この手のひらマッサージは、男性器主に亀頭部分を手のひらで刺激を与えて、射精をしそうになったらやめるというマッサージです。興奮は収まってきたらまた刺激を続けることにより、射精に耐える感覚を体に覚えさせることで、射精をコントロールできるといったものになります。このようにトレーニングを積むことで、早漏克服できるチャンスがあります。

またL遺伝子とS遺伝子の関係についても知っておくと良いでしょう。この遺伝子は脳内の性的興奮に耐える物質であるセロトニンの分泌量に関係すると言われています。L遺伝子とS遺伝子の量により変わり、L遺伝子が多いとセロトニンが多い、S遺伝子が多いと少なくなるといった関係です。セロトニンを増やす内服薬もありますので、この内服薬を服用することで射精が遅れる効果があります。L遺伝子とS遺伝子の関係に都合が悪くても、改善する期待を持つことができる医薬品です。